ベンチャーに就職して実力を付ける【オ・レベンチャーで野望持つ】

障害者雇用について

注意すべき点について

身体に障害を持っている人が、仕事を探す場合には注意をしなければいけない事があります。 最近では多くの企業や官公庁などが障害者雇用を行っていますが、身体に障害があったとしても、こうした障害者雇用の対象とならないことがあるからです。 障害者雇用の対象となっているのは、身体に障害を持っている全ての人ではなくて、あくまで障害者手帳を地元の自治体から交付されている人のみです。身体に障害があったとしても、この手帳を所持していない場合には、障害者雇用の対象にはなりません。 障害者手帳の交付を自治体から受けるためには、障害が一定の条件などを満たしている必要があります。障害のある場所によって条件がそれぞれ異なっています。

知っておくと良い情報について

障害者雇用をしている会社で仕事を探す場合には、インターネットを利用する方法があります。足に障害があって自宅から移動するのが困難な場合でも、インターネットなら簡単に仕事が探せます。 インターネット上には障害者雇用に関する情報を、専門に掲載しているホームページがあります。そうしたホームページでは現在障害者を対象として雇用の募集をしている企業を、まとめて調べることができます。 調べられるものには新卒を対象としたものや、中途採用を対象としたものがあります。 そのようなサイトの中には事前に登録をしておけば、必要な情報をメールで通知してくれるようなサイトもあります。新しい雇用の情報などもメールで教えてもらえます。