ベンチャーに就職して実力を付ける【オ・レベンチャーで野望持つ】

ベンチャーとして

ベンチャー企業の就職して活躍する

就職先として大企業がまだまだ人気が高いですが、ITなどのベンチャー企業への就職にも魅力はあります。 ベンチャー企業への就職の最大の魅力は意思決定の速さと活力です。大企業へ就職するとまずその組織の大きさに圧倒されます。また、しばらくすると組織が重層的になっているため意思決定が遅くなることに失望するケースもあります。 しかし、ベンチャー企業の場合は、創業してからまだ若い企業が多く、事業も成長途上にあり、毎日その変化と活力の中で仕事をすることができます。さらに、ベンチャー企業は少ない人数でどんどん新しい仕事をこなしていくことになるため、自然に仕事の範囲が広がり、責任ある仕事も任され、キャリアアップしていけるというメリットもあります。

ベンチャーに就職する際の注意点

ベンチャー企業というと華やかなイメージを持たれる方が多いと思います。仕事はハードだけど自由な雰囲気に魅力を感じて転職や就職を検討される方も多いのではないでしょうか? 確かにそうですがベンチャー企業に就職される際には注意しなければならない点も多数存在します。ベンチャー企業は一般の大企業と異なり、独立企業された方が経営されているパターンが殆どです。 そのような場合、会社の社風・仕事の進め方は以前の職場環境と大きく異なります。ベンチャー企業は少数で経営している場合が多いので仕事の量も多くスピーディーな進め方が求められます。いざ就職して以前と大きく異る環境で戸惑い、再度就職活動をよぎなくされるパターンも散見されます。いずれにせよ魅力的な面も多々ある業界なので、現在の仕事に満足できない方は検討されるのも一つの選択肢だと思われます。